我が家に来た飼い犬のモモについて

我が家で飼っている愛犬モモが来たのは、ちょうど家の新築中で、借家住まいをしていた時でした。

私は足が不自由で走る事が出来ないので自由に犬に散歩をさせることが出来ません。散歩をしなくてもいいように新築中の家のブロック塀の上に2mの鋼管を立ててもらいました。そこから裏庭にあたる栗林の1本の木までステンレスのワイヤーを張り、滑車を取り付け、リードをフックし裏庭と栗林の中の約40mの距離を往復できるようにしました。

家が完成したので、モモをワイヤーにつなぎました。そうしたらモモは裏庭と栗林の中を自由に走り回っていました。よしよし、思惑通りと思っていると、そのうちモモは野生に戻り始めて栗林のカエルや小鳥を捕まえて食べ始めました。春に散歩に連れて行くと草むらの土を掘りだして冬眠しているカエルを捕まえました。

口の横からカエルの足がピローンと出ている光景はちょっと異様でした。近所で飼っていたニワトリが二羽脱走した時に不意にモモの40mの行動範囲に入ったらしく二羽ともかみ殺されていました。私は飼い主に分からない様に、丁重に葬ってあげました。

猟犬のビーグル犬の血が濃いモモです。オオカミ犬になる日も近いのではないかと思いました。