我が家のアイドル

私の家にハムスターが来て今年の冬で早くも3年を迎えます。

長男の野球チームの1学年上の父兄、Aさんが趣味で自宅で繁殖に成功し、増え続けて妻にも飽きられてるけど、かわいくてやめれないし、大事な子どもみたいなものだからとよく車に乗せて、野球を見にきては、みんなに見せていたのは知っていましたが、ひょんなことから、私の長男も手にのせたり、歩かせたりしているうちにとても気に入ってしまい、1週間よく考えてからと言う事で話をしましたが、長男よりも更に長女の方が見てもいないのに、欲しくなってしまい、それから毎日ハムスターの話ばかり。さすがの私も一度は話だけのつもりから、繁殖に成功した野球チームのAさんに連絡をし、練習日に会うことになりました。

行き先がまだ決まってないとかでケースの中には8匹ほどのハムスターがいました。

一番気に入って欲しがった長女には飼う話はまだしておらず、練習終了後に長男とどのハムスターにするか決めました。

みんなケースに敷き詰められたおがくずの中に潜ったり、くるくると回転盤で運動していたりとその仕草がかわいくて迷いました。

ここには出てきませんでしたが、我が家は子どもが3人。長男、長女に続き二男もいます。

それならと長男に3匹決めてもらいました。

さすがに増え過ぎても困るので、それぞれ別々のケースに入れて飼うことにしました。

子どもはもちろん私も見ているだけで癒されました。

本当にかわいくて…。でも、ハムスターの寿命は2〜3年と聞いてます。

我が家に来た時はまだまだ先の話と思っていましたが、あっという間に時は過ぎます。

オス2匹は相次いで3年めを目前になくなりました。

あとはメス1匹だけです。人間同様、メスは強いです。まだまだ元気です。

いつまでも長生きして欲しいと思っています。

我が家に来てからたくさんの幸せな時間を分けてくれたハムスターです。