目ざといだ

スーパーで見た、もの凄い呼び掛けの男子の女子は、その娘が不快のか、娘が近づいて、「ニンジン、女―」、「お肉、時にー」というと、5メートルくらい移動してしまう。無言だ。お野菜もお肉売り場もほど近いので、あんまりうるさいせいか、女子は、レジに行きました。30代の、動く女子独特だ。質素だ。
そっちでも、その輩は、「儲け支払うの、時にー」と、母親へのはなしかけは立ち寄りません。母親は、相当に不快のか、その輩をに声をかけずに、スーパーから出て行ってしまったのです。
見て見ると、必ず男子は、その輩に限らず、育てがたいいだ。目ざといだ。とおりが女児がほしい意識が理解できます。