新生活に向けて、第一段階終了!

前々から何となく、ぼんやり、考えていた目標である『独立開業』。

それまでは「やりたいな、やれたらいいな」ぐらいの気持ちで、雲の上の存在でした。

それが具体的な行動をしようと思ったきっかけが、今年の初夏にあった専門学校時代の同期たちとの飲み会。

参加したメンバーの半分は、既に開業もしくは院長業をしているなど『自分の城』を持っているメンバーばかりでした。

話を聞いていて大変そうな反面、それにも勝る楽しげな表情がとても輝いて見えて、とても羨ましかった。

そして、同期に言われた一言。

「それだけ色んな経験や技術があるのに、どうしてやらないの?」

思いも寄らない言葉に、私はびっくりして言葉が出てきませんでした。

思い上がりもいいところだけど、正直自分でもそれなりの知識や技術、経験はある方だと思っているし、社会人になって10年間はそれらの研鑽に人生の全てをかけてきた。(おかげで30を過ぎた今でも金無し彼無しの寂しい独身だけども!T^T)

それでも、自分の夢に向かって全力疾走してきました。

だからこそ、これまでの私の経緯を知ってる同期からの一言は、嬉しかったです。

それと同時に、不安や恐怖もありました。

「私なんかが、そんな、独立なんかしてもいいのだろうか……」

ただただ、烏滸がましい。

変に自信がある癖に、いざ現実の一端として捉えると途端に怖気付いて二の足を踏む。

私自身が、本気で「開業したい」と思っていなかった証拠ですね。

それから1ヶ月後、私はある求人と出会いました。

【個人事業主としての業務委託契約による完全歩合制のリラクゼーション業】

これまで私は開業するなら、と考えていたものの一つに『自費診療』があります。

しかし、これまでは整骨院の療養費の取り扱い(健康保険対応)がほとんどで、それでもたまに整体で数回保険以外での収益を上げたことはありましたが、たかだか数回です。

いざ開業して本メニューに加えるとなれば、その代金に見合うだけの精度や効果を実感させる技術を持たなければならないし、逆に『(健康保険の窓口負担額より)高額なサービスの提供』に対する抵抗感は無くすべきだと考えた私は、上司に相談し、有難い後押しを受けて先月付けで退職。

今月から『個人事業主』として新しい働き方を手にしました。

普通の開業と違い、初めから店舗も道具もあるし、店舗には同じ条件で契約した『他の個人事業主さん』もいる『施設共同利用』。

シフトや働く時間は自由に決められる反面、自分を守ってくれるものはなく、総て自己責任です。

また、働く場所も地元市内に留まらず、市外にしました。

これまでとは全く違う環境の中で、ゼロからのリスタートを切るためです。

そして、その環境を徹底しようと思い、引っ越しも決意。

先月から物件を探し、良さそうなところを見つけて問い合わせ。

実際に現地へ行って場所を確認したり、部屋を決めて書類を作成し、契約金を払い終えました。(しかも新居は新築!入居予定は来年3月です)

退職を決めてから新居の契約成立まで、わずか2ヶ月半。

正直強引なところもあったかなと思いましたが、『善は急げ』『思い立ったが吉日』。

改めて、一度決めて行動を起こした私の機動力は半端ないなぁ?としみじみ実感しました。笑

心地良い、何も考えなくていい環境というのは、時として自らの刃を曇らせます。

その曇りを拭い、輝きを取り戻すために磨くには、時として自らを追い込むことも必要ですよね。

己を過信せず、利他の心を持って、一所懸命に誠心誠意努める。

夢実現に向けて、ようやく第一段階突破です。