50代の今だから感じる美しく老いることの難しさ

最近、親の老いに直面しました。一人暮らしの母親は85歳の今でも一人で問題なく生活しておりました。

しかし、この秋ごろから忘れることが多くなり、物事の段取りがうまくいかないこが時折あるようになりました。それは子供の私にとっては辛く切ないものでした。

「人に迷惑をかけず、美しく老いて生きたい」と誰もが願うことです。しかしそれは簡単でなくて・・・老いを感じないずっと若いころからの準備と計画が必要だと感じます。

思いっきり働き、一生懸命子供を育てた充実した生活に卒業の時が来た時、自分の将来に向けて次の計画を立てねばなりません。趣味や旅行の計画もいいでしょう。ゆっくりと家庭菜園を楽しむとか、思い切っての移住もいいでしょう。しかしそれと共に確実に老いはやって来ます。夢と現実・・・ゆとりの時間と資金。どのように使ったらいいのか?

美しく老いて生き抜くために、上手にバランスをとり輝いて生き抜きたいものです。