これからのお金の事を考える。

今年最後の大きな目標は、メルカリで売上金10000円以上になる事です。

ずっと、8000円当たりをウロウロして、現金として出金する事なく商品を買って売上金を消費していました。

ラクマでは期限が無いので、自由に売買をする事が出来るのですが、メルカリは本当に忙しいです。

何故、こんなお金に消費期限を付ける様な事をしてくれたのだろうかと思います。

確かにこうすれば使わない人は使うだろうし、本当に忘れていた人のお金は事務局のお金になるので取りっぱぐがありません。

もし、こんな事を日本政府がしでかしてしまったら、商品はよく売れ、その度に手数料も沢山事務局(国)には入りますが、国民には貯蓄性が無くなってしまうなと思います。

本当に数十年前、私が日本経済を潤わす為にはと、一人で考えていたお金に使用期限を付けると言う方法です。

消費税も10%になります。

私自身は特にそんなに大きな変化だとは思っていません。この超高齢社会では仕方ないでしょう。

クレジットカードや電子マネー払いでポイントとしてお金をキャッシュバックと言うのは、驚きました。

政府は本当に現金から電子マネーやクレジットカード、果ては仮想通貨等のお金に変更していきたいんだろうなと言う思惑が垣間見えます。