我が家はケチだと思う

朝、寒いベランダに出てバスタオルを干しながらこのタオルもう何年使ってるのかしら、と思いました。

どのバスタオルも、かなり使い古しています。

これなら、他の家庭では絶対に雑巾にしてるレベルでしょう。

でも我が家では使い続けています。

物持ちがいいとかではなくて、単なるケチなのだと思います。

夫も私も買おうと何度も思いましたし、買いにも行きました。

しかし実際にいざ買おうとすると、値札を見ては意外とするな、と言い合うのです。

そして、またにしようか、と意見が一致して帰って来てしまうのが常でした。

外に出かけた時の外食はするのに、何故かタオルを買うのがお金がもったいないような気持ちになるのです。

多分、うちはあまり他人に見えない部分ではお金かかるのが嫌なのでしょう。

よっぽどの必要性を感じない限りは新しいタオルを買わないに違いないです。

思えば実家には、大量のタオルがありました。

お歳暮だの何だのであれこれ押入れにあったのを見たし、買い替えてもいました。

裕福だったのだと思います。

バスタオルを買うだけなのに、一枚1500円程度をここまで出し渋るなんて思ってませんでした。

でも、買い換えるとなると10枚ほど。

確かに我が家の家計にとっては気楽ではないのでしょう。

なんか切ない気持ちです。